事 業 目 標

1.  肝硬変症治療技術を開発、実⽤化する

  (First in class)

2.  非アルコール性脂肪肝(NASH)とアルコール性脂肪肝など、開発した慢性肝疾患治療技術を実用化する

  (First in class and/or best in class)

3.  開発した第2型糖尿を治療し、予防する技術を実用化する

  (Best in class)

4.  肺、腎臓、⼼臓など臓器繊維化治療技術を開発する

  (First in class and/or best in class)

研 究 開 発

肝臓疾患治療 研究開発状況

NASH細胞治療剤

1.韓国カトリック大学医学部:試験管(生体外)試験と検証

2.株式会社ケムオン:動物試験と検証

糖尿病治療 研究開発

KAIST (Korea Advanced Institute of Science & Technology)の開発状況

・ヒト誘導多能性幹細胞(hPSCs)を使ってインスリンを生産するβ細胞を持つ膵島類似構造開発

・ブドウ糖-反応性インスリン分泌機能と治療効果を持つ”類似膵島細胞クラスター”を開発

・hESCから分化した内分泌細胞が内分泌ホルモンを発現

・自発的に凝集体(ECC)形成

・試験管内のブドウ糖の刺激に反応してインスリン分泌

・β 細胞のないネズミに移植した場合,40日以上生存

Copyright ©2019 Inno BioScience 株式会社 All Rights Reserved.