代表挨拶

会社を紹介する冒頭ではありますが、現在韓国と日本国の間に緊張関係があることに気遣わざるを得ません。韓国で開発いたしました私どもの科学技術が地理上の国境を越え、日本国内へとつつましくも、好感をもって受け入れられることを切に望んでいます。

私どもは、KAIST大学(韓国科学技術院)や著名な病院と共に研究活動をして来ております。長年の幹細胞治療研究の結果、糖尿病Ⅰ型・Ⅱ型解決の治療法とNASHのような肝臓疾患の治療法を開発するに至りました。私どもが見つけた革新的研究成果を日本の大学、病院で再度検証いただき、糖尿病、肝臓疾患機能治療を推し進めていただきたいと切望しております。

幹細胞の領域で先進している日本内でInno BioScience 株式会社(革新的生物科学株式会社)を立ち上げ、活動することをとても名誉なことと感謝しています。山中博士のiPS細胞研究が世界中に知れ渡り、日本はこの分野でのリーダーとしての役割を果たしています。日本はこれからも再生医療、医薬品分野で先んじていくと確信しています。私どもも、この発展、拡大してゆく医療分野において小さな役割を演じられたら幸せに思います。

最後に、国境を越えご参加いただく株主の方、出資者の皆様に感謝の意を表したいと思います。皆様と科学の力で病に立ち向かい、治療方法を創り出し、共に歩んでいただけたら幸いです。

                                    ノ・スンクォン

代表 ノの経歴

教育・学問

ソウル大学 微生物学科 学士号

韓国科学技術院 微生物工学科 修士号

ダラム大学 Durham(英国)修士号

 

特許等

特許(登録、出願中を含め)50 件以上

論文5 件

プロジェクト 30 件以上

Copyright ©2019 Inno BioScience 株式会社 All Rights Reserved.